【オカルト】 その友人は急いで発進。その女が四つん這いのまま追いかけて来た

このエントリーをはてなブックマークに追加
86: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/11/12 10:48

地元で湖に続く峠があって、そこを友人がバイクで登ってた時の話。
友人は家が湖の近くだったから、帰宅中で、
登り初めて1分もしないうちに1人の女性が立ってたらしい。
時間は午後9時、夏だけど、暗くなって来たから友人はその女の前で止まって、
声を掛けて上の方まで乗せてあげようとしたらしい。
暗い感じの女だけどまぁまぁ綺麗だったらしくて、ちょっぴり期待したらしい。。。
女を乗せて登り始めたんだけど、3分くらいしてなんとなく見ミラーを見たら、
女が写って無いんだって、
でもちゃんと女の両手は自分の腰にあるし、後ろを見てのちゃんと女は乗ってる。


【オカルト】「お前、じいさんを何処へやった」実の子である母親が、今まで聞いた事もないような、低くドスの利いた声。

このエントリーをはてなブックマークに追加
68: 1/3 03/11/11 23:15

これも祖父・祖母関連の話なんだけど…

俺は4歳になるまで、夜はバアちゃん家に預けられていた。
夜はバアちゃんと並んで寝るんだけど、その部屋に死んだジイちゃんの仏壇があったんだ。
で、夜中に目が覚めたりすると、たいてい金縛りになる。
その時、必ず仏壇の戸が少し開いてて、中から誰かがこっちを見てるんだ。
扉に手をかけて、白い顔を半分覗かせて。

最初は、ジイちゃんだと思っていた。
バアちゃんが仏壇に向かって「じいさん…」って呼び掛けるのを見てたから。
だけど、その顔、良く見ると子供みたいなんだ。
こっちを見ながら、うっすらと笑っている白い子供の顔。
そんなものを見ながら、俺は不思議とも思わずに4歳までその部屋で寝ていたんだ。


【オカルト】ドアが完全に開いた瞬間 …男とも女ともわからん低いだみ声で死ねぇっ!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
64: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/11/11 22:15

さっきエレベーターに乗ったら丁度ドアが閉まりきる直前に
非常用の外部と連絡する時に使うスピーカーみたいやなつから

【オカルト】そいえばあの時に聞いた戸が開く音は妹の部屋の隣にある、去年の暮れに亡くなった祖父の部屋の戸の音ではなかったか…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
61: 1/2 03/11/11 21:57

初めてカキコします。今まで霊体験など皆無だった僕ですが、
今朝ほど不思議な体験をしました。

昨晩こちらのスレを読んでから寝たんですが(午前3時頃です)、
体の芯から広がるような悪寒に襲われ生まれて初めて金縛りにあいました。
はじめは疲れているせいだと思っていたんですがどうにも体が動かない。
そこで以前このスレ(だったかな?)で見た、
「大声を出そうとすると金縛りはとけやすい」
を思い出し、実践してみました。
「ウォォォォォォ~!」という声にならない声をあげ、
その時は無事に金縛りは解けました。

ところがしばらくすると再び寒気がやってきて金縛りにあってしまうのです!
叫ぶとその都度体の自由は取り戻せたのですが、
またすぐに金縛りが襲ってくる…正直頭の中はほとんどパニックでした。
すると何度目かの金縛りのときに廊下の向かいの妹の部屋の戸が
「スーッ」っと開く音がし、足音が聞こえたのです。

(続く)


【オカルト】女子トイレの女の子の泣き声が、一段と激しくなった。何故だ?何故気づかない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
836: 本当にあった怖い名無し 2009/12/24(木) 22:12:17 ID:NNdtlw3F0

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したが、就職も決まっていない有様だった。
生来、追い詰められないと動かないタイプで(テストも一夜漬け対タイプだ)、
「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞かせ、バイトを続けていた。
そんなその年の真夏。悪友のカズヤ(仮名)と家でダラダラ話していると、
なぜか「ヒッチハイクで日本を横断しよう」と言う話に飛び、その計画に熱中する事になった。

その前に、この悪友の紹介を簡単に済ませたいと思う。このカズヤも俺と同じ大学で、
入学の時期に知り合った。コイツはとんでもない女好きで、頭と下半身は別、と言う典型的なヤツだ。
だが、根は底抜けに明るく、裏表も無い男なので、女関係でトラブルは抱えても、男友達は多かった。
そんな中でも、カズヤは俺と1番ウマが合った。そこまで明朗快活ではない俺とはほぼ正反対の性格なのだが。

ヒッチハイクの計画の話に戻そう。計画と行ってもズサンなモノであり、
まず北海道まで空路で行き、そこからヒッチハイクで地元の九州に戻ってくる、と言う計画だった。
カズヤは「通った地方の、最低でも1人の女と合体する!」と女好きならではの下世話な目的もあったようだ。
まぁ、俺も旅の楽しみだけではなく、そういう期待もしていたのだが…
カズヤは長髪を後ろで束ね、一見バーテン風の優男なので(実際クラブでバイトをしていた)コイツとナンパに行って良い思いは確かにした事があった。
そんなこんなで、バイトの長期休暇申請や(俺は丁度別のバイトを探す意思があったので辞め、カズヤは休暇をもらった)、
北海道までの航空券、巨大なリュックに詰めた着替え、現金などを用意し、計画から3週間後には俺達は機上にいた。
札幌に到着し、昼食を済ませて市内を散策した。慣れない飛行機に乗ったせいか、
俺は疲れのせいで夕方にはホテルに戻り、カズヤは夜の街に消えていった。
その日はカズヤは帰ってこず、翌朝ホテルのロビーで再開した。
にやついて指でワッカをつくり、OKマークをしている。昨夜はどうやらナンパした女と上手く行った様だ。


【オカルト】そっと開けたら部屋いっぱいの大きな心臓があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
822: 本当にあった怖い名無し 2009/12/24(木) 15:16:44 ID:HcdOY7uPO

昨日、いつもよりどっと疲れた気がして
メシも買わず家に帰った。
カップ麺あったかな~と考えつつ
鍵をあけようとすると鍵が開いてた。

【オカルト】一度飛び降りたBは、死にきれなかった為にマンションの階段を昇り、もう一度飛び降りた

このエントリーをはてなブックマークに追加
791: 本当にあった怖い名無し 2009/12/23(水) 14:35:03 ID:a0iRrVT0O

弾丸ジャッキーの松雪オラキオが「人志松本の○○な話」で話していたゾッとする話。

オラキオの友人(以下、A)の友人(以下、B)がマンションから飛び降りて自殺した。
Bが自殺する直前に会っていたのがAだった為、Aは警察に事情聴取をされたのだが、Bは自殺死なのに警察はAを執拗に聴取した。

【オカルト】新太君は手のひらに画鋲のようなものを忍ばせていたのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
787: 名無しマン 2009/12/23(水) 12:43:47 ID:qg/IiK6b0

小学生時代の話です。
僕の学校の通学路にはプリングルスのおじさんと呼ばれる、 顔がパンパンに腫れたおじさんがいました。
おじさんは少し知恵遅れなのかな?と思われる新太君という15歳くらいの子供を連れていました。
おじさんは通りがかる小学生に向かっていつもこう話しかけます
「この子と握手してくれないかな?」
大抵の子は気味悪がって逃げてしまうのですが、 僕は子供心になんとなく新太君に同情して握手をしました。
「いい子だね」
おじさんが本当に嬉しそうな顔をしたため、僕も良いことをしたと嬉しくなりました。

【オカルト】その翌年、元気だったおばあちゃんが急に体調を崩し入院し、父母おじいちゃんの3人 は立て続けに交通事故を起こしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
778: 本当にあった怖い名無し 2009/12/23(水) 07:40:09 ID:qBS95aPS0

こんちは。これは俺が体験した厄?についての話です。
だいぶ前の出来事なので何県のどこに行ったかとか覚えてませんしここに書くべきことなのか
迷いましたが書いちゃいます。
 
それは俺が中学2、3年生の頃に家族で旅行に行ったときのことです。
年末ということでいつもなら家で年越しそば食ってゆっくりしていたんですが
その年は親父がめずらしく外で年を越そうなんて言い出しちゃったもので、二泊三日
くらいの旅行にいくことにしたんです。
で帰り際に偶然賑やかな街の一角を発見しまして、なんだろうと思って車止めて近づいてみると
神社に続く一本道が出店で賑わってたわけです。
最初は出店にひかれて車を降りたんですが、ついでということでいつも行っている
A神社ではなく今年はその神社で済ませちゃおうってことになって、おみくじやら交通安全祈願の
お守りやらを買って・・・と例年通り事を済ませてそこをあとにしました。
 
で、ここまでは何ともないのですがその後あまり良くないことが立て続けに起きました。


【オカルト】俺が追ってたのは猫じゃなかった…。首から上だけの小さな女の子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
587: 本当にあった怖い名無し 2009/12/22(火) 00:39:43 ID:Vp7H3sR8O

投下させてね

俺は定時制に通ってたのね、交通手段は自転車。ある日、学校帰りに自転車がパンクして押して帰ってたの。

時間が時間なんで開いてる店もないし、途中で疲れて近くにあった神社に隣接した公園で一息入れた。

NEXT≫
最新記事
人気ページ
ブログパーツ
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
検索フォーム
ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: