【オカルト】俺「達也は?」 基男「誰それ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
153: 本当にあった怖い名無し 2009/09/13(日) 15:36:09 ID:JWAF6+I1O

今でも誰かが俺をはめてるとしか思えない話
幼稚園から大学までエレベーター式に進学してきた俺
小学校~大学まで同期で友達の達也ていうのがいた
達也とは昔からかなり仲が良く俺の家に泊まりに来て、俺の部屋を掃除してくれてたwww

【オカルト】本当に友人が幽霊にとりつかれてたのか、自分を怖がらせようとしたのかは正直分からない

このエントリーをはてなブックマークに追加
146: 本当にあった怖い名無し 2009/09/13(日) 13:17:29 ID:OK4E4Y150

改行多すぎって言われたから分けて書く

友人と遊園地へ遊びにいったときの話なんだけど
ある程度アトラクション乗った後に友人がお化け屋敷に入ろうよって言った
友人はお化けとかキャーキャー言う怖がりなんだけど
その割にはそういう怖いもの見たがるやつ
(自分はお化けとか怖いってあんまり思わないやつ)
まあ付き合いが長いので自分もそういう性格分かっていて
じゃあ入ろうかってお化け屋敷に一緒に入ったわけだ
ただ、またこいつキャーキャー騒ぐんだろうなーと予測してたんだけど
予測に反してすっごい静かに歩いてる
お化けが出ても無反応
もしかして気絶してるんじゃ…って心配してたらいきなり

「キャハハハハハハハ」

って笑い出した
ホント突然、こんな感じで甲高い声で笑ってんの
しかも顔上に向けて口あんぐりあけて
まあ歩きながら笑ってるだけなんだけど、
雰囲気が別人みたいで隣歩くのが怖くなってきた
しかも手首握ってきてその力がまた強いから、こいつもしかして・・・
って心配もした


【オカルト】浮遊霊様っていう遊びにハマっていた時期がある。要はコックリさんの類。

このエントリーをはてなブックマークに追加
102: 2009/09/13(日) 02:32:11 ID:wrOFdkJNO

もうだいぶ昔、浮遊霊様っていう遊びにハマっていた時期がある。要はコックリさんの類。
名前なんて何でも良かったし、コックリさんをやっても、どうせ近寄ってくるのはそこら辺の浮遊霊という話で、誰かが悪ノリして付けた名前だったと思う。
ただ、10円玉で試みて全く動かなかったことが度々あって、エンジェル様だかキューピット様のようにシャープペンを使ってやっていた。これが面白いように動く。
友達がいっていたのだが、コックリさんの類に自分の寿命を聞いちゃいけないらしい。それでも、やはり自分の未来については知りたいところ。
ある日、未来についての質問もネタが尽きかけていた時、こんなことを聞いてみた。

「俺はこの先、どんな人生を送りますか?」

カーテンを締め切り、蝋燭の光が不気味に揺れている薄暗い俺の部屋、そこにはいつものメンツが四人。シャープペンがスルスルと動く。

『…て…ん…ら…く』

部屋の温度が少し下がった気がした。

「てんらく…転落?この先、転落人生ってことかよ?」

友達のひとりが笑ったので内心かなりブルーだったのだが、おどけたり悪態をついたりして見せた。
すると別の友達が、少し慌てたように、おい、あまりふざけるな、ヤバイって、と声を荒げた。
少しの沈黙の後、ついさっきまで俺を笑っていたはずの友達が、何の前ぶれもなく、俺達四人のど真ん中に向かって大量のゲロを吐き、それは儀式に使われていた紙を中心に広がっていった。
その後は軽い地獄絵図。すっかり気分も萎えて、解散することに。
遠足のバスでの惨劇などを思い出しながら、『部屋の掃除ダルイなぁ』などと自分の哀れんでいると、派手に吐いた友達が両脇を抱えられて外に連れ出されたのを見計らって、ひとりの友達が真顔で近づいてきた。

「だからヤバイって言っただろ?どんな浮遊霊だか地縛霊が来てたか分からないんだぞ?タチ悪いのだったらどうする。しばらくは部屋の四隅に盛塩でもしとけよな」

その友達は、自称『見える人』だったが、見えない俺には、否定も肯定も出来ない存在だった。その時までは。


【オカルト】突然顔はわからないその手によって海の底のほうへ引きづり込まれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
77: ランゲルハンス 2009/09/13(日) 00:53:21 ID:LnFZSFI50

怖い話します。ちょっと長くなるかも、コメントとかまとめサイトに乗せてもらえると嬉しいです。

知り合いに聞いた話です。

仲の良い東京の大学生4人組がいて、海に旅行しに行くことになった。
その4人組のそれぞれをわかりやすくA,B,C,Dと称する。
4人組は車を出し、Aの運転で海に向かった。車で数時間飛ばすと、やっと目的の海に到着。
すぐに水着に着替えて泳ぎ始めた。足の付かない深い所でしばらく遊んでいたが、
突然、Aに違和感を感じた。
Aは自分の足を見てみたところ、白い手が自分の足を掴んでいることに気づいた!!

続く


【オカルト】あの人形は魂が入っているんです。本気で髪伸びます。一晩で23cm伸びたことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
60: 姫様人形奥1 2009/09/12(土) 23:42:58 ID:tPUXEOGx0

354 :名無しの心子知らず:2009/09/04(金) 14:59:49ID:qIpZX3ZA
オカルトちっくな話が混じります。
人により心底寒くなるので嫌いな人はスルーしてください。
更に未解決。

我が家には祖母の嫁入り道具だったものすごく美人な市松人形がありました。
祖母の高祖母(没落貧乏公家の姫さん)が死んだ姉の形見としてこしらえ、
嫁入り先に持参。
以来、母→娘、もしくは姑→嫁・祖母→孫娘といった具合に同姓の女伝いに
受け継いでいるものです。
ものすごくきれいな黒髪なのですが、それはものっそ人毛です…
初代の持ち主の姉の遺髪が原材料なんだそうで。

祖母はこの人形を大層可愛がり、妹分扱いで大事に大事にしてました。
孫の晴れ着と同じ振袖をわざわざ作ってやったり、ボケが入る前から
話しかけたりと、半分人間扱い。
ばあちゃん子だった私は祖母の真似をして人形を生きていない
友達扱いしてました。
このおかげで人形に気に入られ、祖母の死後親戚一同に押し付けられました。


【オカルト】何かの拍子にアクセルが押されて坂を登っていった・・・ らしいが子供の俺でもおかしい事はわかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
51: 本当にあった怖い名無し 2009/09/12(土) 20:58:34 ID:DPJ2aSSp0

俺が小学5年生の夏、友達の家に遊びに行った。
遊びに遊んで、5時くらいになった、そろそろ帰るよと家路に着いた。
家に買える途中にあるけっこう急な下り坂を歩いて下っていた。
舗装されていて何も無いのに誰かに足をつかまれた感じになり、前につんのめった。
「うわ・・・危ねぇ・・・」
手とヒザを着いて顔面直撃は免れたもののヒザを擦りむいたみたいだった、その場に座り込んで
「あーいてぇ・・・」
とヒザをさすっていると、坂の下から車が蛇行しながら結構なスピードで上がってきた、
と思っているとドカン!という音と共に目の前の壁にぶつかった。
そしてそのままプシューと音を立てながら反動で下がり、民家に激突。
びっくりした民家の住人が慌てて出てきた。
中破した車と座り込んでいる俺をみて、
「アンタが運転してたの!!??」
えええ??
俺は動転した、住人も慌てていた、見ると車には人が乗っていなかった。

【オカルト】その女の人には左腕の手首から先がなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
33: 1/2 2009/09/12(土) 16:39:20 ID:/rljoh/Z0

3ヶ月ほど前の出来事。
新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、
その道を歩いていた時の事。
通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間の手が見えた。
なんと説明したらいいのか…壁から手首から先が生えているとでも表現したら
いいのか、「置いてある」という風には見えなかった。
作り物にも見えず、非常に生々しく今にも動きそうな手だったが、とくに血の跡などが
あるわけでもなく、ただ壁のかなり下のほうに手がだらんと垂れ下がっているだけだったので、
俺は「きもちわりーな…誰の悪戯だよ」と思いながらそのままスルーして通り過ぎた。
特にその日はそれだけで何もなかった。

そんな事も完全に忘れて1週間ほどたった頃、俺はまたその地下道を通って某書店へ行く
事にした。
地下道は場所が少し辺鄙なところにあるため、普段あまり人通りはないのだが、その日は
俺の前方に20代中盤くらいの女の人が歩いていた。
地下道の書店側出口は地上へでるエレベーターになっており、女の人が俺に気付かず乗ってしまうと
エレベーターが戻ってくるまで待たないといけないので、少し早足に女の人を追うような形
で歩き始めた時ある事に気が付いた。

その女の人には左腕の手首から先がなかった。
俺はその瞬間先日の事を思い出したが、「まさか、偶然だろ」とそのまま女の人と一緒に
エレベーターに乗り込んだ。
俺が1階のボタンを押したのだが、その女の人はボタンを押す気配が無い。
「まあ俺と同じく1階で降りるんだろう」とそのまま1階に到着するのを待ったのだが何かおかしい。
普通なら1階までは30秒程度で到着するのだが、エレベーターが動いている気配はあるのに
いつまで経っても1階に着かない。

続く


【オカルト】「自転車に乗ったおじいさん見なかった?」って、すると友達は「見てないよ?」と言いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
24: ryo ◆XksB4AwhxU 2009/09/12(土) 15:08:10 ID:7ECYM4Rb0

自分の体験なんだがいいか?
ついでに昨日した体験だ
そんな洒落にはならんと思う
ちょっと敬語になってるが見てくれw
「ストーカー?霊?」

っぽいに昨日遭いました。
夜練帰りです。いつもは友達と帰っていたのですがその日女子とケンカして
ブスくれて一人で帰りました。

校門から出ると横断歩道があります。
出てすぐみぎにフェンスがあります。そこの前の自転車にまたがったお爺さんがいました。

【オカルト】線路を横断辺りから、急に歌が聞こえてきたんだ。女の人の声で…

このエントリーをはてなブックマークに追加
292: 本当にあった怖い名無し 2009/10/21(水) 20:59:57 ID:NaemOTv/O

278だけど、不快にさせてすまん

申し訳ないのでひとつ。
今年の正月に実家へ行った帰りに、車内で起きた

【オカルト】救急患者としてその女性が運ばれてきた。 救急車が駆けつけるより前から意識不明。

このエントリーをはてなブックマークに追加
17: 教師の資質 その1 2009/09/12(土) 14:12:10 ID:XFloRxiS0

友人の医者とその恩師から聞いた実話。

救急患者としてその女性が運ばれてきた。
勤務先で原因不明の腹痛を訴えており。
救急車が駆けつけるより前から意識不明。
女性の顔は吹き出物が酷く、日焼けではない色黒であったそうだ。
担当医となった恩師さんは直感的に排便障害の可能性も考慮にいれて検査。
結果、大量の便が腹につまっていることを確認。
その検査の最中に患者は意識を取り戻していた。
恩師さんは出来る限り医療費を患者にとって安くすることをモットーとしていて。
この検査の最中に排便機能自体には障害はみあたらなかったこともあり。
患者にはトイレにいくように指示した。

女性はしばらくトイレにこもり、出てきた時には便してきたと言った。
このときは患者に配慮してトイレ内から医療従事者を遠ざけていた。
かるい糞臭もしていたので、恩師さんは安心した。
しかしこの女性またも院内で激痛を訴えて失神。
再度検査を行ってみると便が減っていない。
排便の機能に障害がないのなら、精神的な障害だと理解した。

この女性が闘病に費やした年月が九年近く。
定期的に病院にかかっていたにもかかわらず、大量の便を常にためこんでいて、検査機器が彼女の別の疾患を見つけることが出来なかった。
彼女は大腸癌で死去した。
恩師さんはこれがどうしても無念でならず。
ご遺族に協力を仰いでどうしてこうまで便を嫌がったのかを調査した。
その結果原因を完全に特定した。
心因性の排便嫌悪であることはとうにわかっていた。
その原因こそが小学校時代の排泄にまつわるイジメ。


NEXT≫
最新記事
人気ページ
ブログパーツ
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
検索フォーム
ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: