【恐い話】エキサイトして旅館の天井裏の中にA男が頭を突っんでしばらくすると、彼は声を漏らした…『おぃなんかあったぞ!』

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

576: 通りすがりの名無し 2006/12/13(水) 18:31:56 ID:pf1GsXTF0

そろそろ年末、旅行シーズンなので自分が体験した旅行での怖い話を一つ。
かなり長いので読みたくない人はスルーして下さい。

1/9
中学の時の修学旅行で京都へ行った。
夕食、風呂も終わって旅館で寝るまでの自由時間を楽しんでた時だった。
俺は右隣の部屋に良い連中がいるので遊びに行った。
俺達は定番のトランプやらウノやら一通り遊んで、飽きはじめた頃、誰かが
怖い話をしようぜ。なんて事を言った。
部屋の明かりを消して中央に10人ほど集まり、1人目の話が始まった。
2人、3人・・・4人と話は進んで行き、次はA男の番だった。
A男『安い旅館や修学旅行で使われる部屋ってでるんだよな!』
A男『御祓いの為にお札が絵やツボの裏、押し入れの中に貼ってあるんだってよ』
A男『探してみようぜっ!』
怖い話を期待してたのでシラケつつ、部屋中の捜索が始まった。
実際にあったらあったで面白いし、何よりありそうな感じがした。


【恐い話】不思議なことに沼のその泡はなかなか消えず、私のいる淵の方へすーっと漂ってきた。もしかして亀!?と喜んだのも束の間…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

563: 本当にあった怖い名無し 2006/12/13(水) 17:54:21 ID:uCUkiewU0

子供の頃の話

うちの近所に沼があった。
小さくて浅かったが、泥水で底は見えなかった。

ある日、一人でその沼に行ってみた。
もちろん親からは危ないから行くなといわれていたが
少し離れたところから眺めるぐらいなら
危ないことなどないだろう、と子供心にそう思っていた。

沼に着くと、淵から70センチほど離れたところにしゃがみ込んだ。
生き物が好きだったので、何か動くものはないかと
少しわくわくしながら探るように沼を見ていた。

しかし、たまに泡が上がってくる以外何の変化もなかったので
泡の出ているところに小石を投げてみることにした。
一つ投げてみるとコポッ、と小さい泡が出た。
もう一つ投げるとコポコポッと泡が出る。
面白くなり小石を投げ続けるとその度に泡が上がってくる。


【オカルト】病棟に勤めていた頃の話です。ある日、癌の患者さんに告知が行われた。ご本人は相当なショックを受けられて…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

442: 看護師ですが 2006/12/12(火) 19:31:02 ID:ui27X+Go0



正真正銘の看護師だけどまぁ、別に信じてくれなくてもいいけど。

病棟に勤めていた頃の話です。

ある日、日勤帯でとある癌の患者さんに告知が行われた。
医師やご家族が思っていた以上にご本人は相当なショックを受けられて
言動が落ち着きなくなってきたので注意してくださいと
夜勤で来た時に申し送られた。

その患者さんは私の受け持ちではなかったのだが不安を訴えられて
眠剤を服用されて眠られたようだった。
夜中になりもうひとりの看護師と巡視をしようと廊下に出た時、

ギギギー--

突然大きな音が鳴り廊下の端を見ると非常階段に通じる
防火扉が半開きになっていた。扉の前には誰も立っていない。

バタン、ガチャリ

急に閉まるとカギがかけられたのが見えた。
私ともう一人の看護師は真っ青になった。何年も前だがそこの非常階段から
患者さんが飛び降り自殺を図ったことがあったのだ。
たまたま下に守衛が巡回で回っていて気づいて止めたので
大事には至らなかったが、その時のことが真っ先に頭に浮かんだ。



【不思議な体験】自転車が壊れてしまってから数日後、修理されている事に気付いたそうです。彼曰くその時「かなり嫌な感じがした」そうで…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

365: 本当にあった怖い名無し 2006/12/12(火) 03:40:52 ID:pD4p4G5X0

友人(Aとします)の話です。

Aには愛用の自転車がありました。
それを飛ばして学校へと来ていましたが、
ある日派手に転倒してぶっ壊れたそうです。
それからと言うもの、しばらくAは早起きして、
歩きで登校していました。(この間相当愚痴ってました。)

それからまた、幾日か経ったある日のことです。
自転車で登校してきたAと、校門で鉢合わせになりました。
Aは新しい自転車に乗っていました。
私は、「ついにあの自転車捨てたのかw」と言い、茶化しました。
しかしAはちょっと嫌そうな顔で、
「捨てたのは捨てたけど、お前が思ってるような理由じゃない」
と言いました。
気になった私は、詳しく話を聞きました。

Aは、自転車が壊れてしまってから数日後に、
自分のそれが修理されている事に気付いたそうです。
(なんと彼は、壊れた自転車を家まで持って帰っていた)
それはかなり荒っぽい修理で、「機械には弱いけど、頑張って直したよ」
というような仕上がりだったらしく、辺りには部品のような物も落ちていました。

無論、Aの知る人物でそれをした者はいません。
では一体誰が・・・?

A曰くその時、「もう、かなり嫌な感じがした」そうです。
それは、夜、自分の自転車置き場から妙な音が聞こえてきた事で、
確信へと変わりました。Aは彼の父親に説明し、
2人で恐る恐る見に行ったそうです。

そこに居たのは、手が血だらけになった中年の女性でした。


【オカルト】「逆打ち」をやると死者が蘇るといわれおり、俺達は『四国八十八箇所逆打ちの旅』をやることにしたのだが…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

294: 本当にあった怖い名無し 2006/12/11(月) 19:41:11 ID:euciTnRP0

四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」をやると死者が蘇る。
映画「死国」の影響で逆打ちをそういう禁忌的なものとらえている人も多いのではなかろうか?
観光化が進み、今はもうほとんど見ないようだが、
真っ白い死装束のような巡礼服を着て順打ち(八十八箇所を普通に回ること)をしている姿は
まるで死での旅のように不気味で(実際行き倒れも多かったらしい)、
確かにその逆をやれば死者の一人二人生き返ってもおかしくないような雰囲気があり、
また地元の老人方も「逆打ちをしている」というといい顔をせず、
「やめたほうがいい」「罰当たりだ」と苦言を呈してくることがあったそうだ。
さらに「打つ」という表現をするように、八十八箇所回りは
参拝した寺に木の札を釘で打ちつける、というのが本来の作法で、
(現在では木の札を打ち付けることは禁止されており、専ら紙の札を納めるだけである。)
その打ち付けるという行為が「呪いの藁人形」などを連想させ、なんともおぞましい感じがする。
主観交じりの些細なことだったかもしれないが、
「八十八箇所回り、とりわけ逆打ちにはオカルト的な何かがある!」
と、若い俺達に思い込ませるには十分すぎた。
俺は当時一緒に心霊スポット荒らし(心霊スポットでバカ騒ぎしたりカップル冷やかしたり)
をしていた、のっぽのYと茶髪のAという友人二人を連れて
『四国八十八箇所逆打ちの旅』をやることにした。


【恐い話】「マジ怖え、つか意味わかんねぇ」と、興奮状態で夜を明かし、次の日の朝早く神社に片付けに戻ると、不思議なことに…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

207: 本当にあった怖い名無し 2006/12/10(日) 00:48:31 ID:/WktQKKN0

「一度霊体験をするとそれからしばらく霊体験をしやすくなる」
という話を聞いたことがあるだろうか?
霊感が強くなるのか、霊とベクトルが合うようになるのか、はたまた霊を意識するようになるのか、
理由はよくわからないが、とにかくそういうことはあるらしい。
これから書き込むのは、数年前、当時大学生だった俺がのっぽのYと茶髪のAという
二人の友人を引き連れて心霊スポット荒らし(心霊スポットでバカ騒ぎしたり、カップルおどかしたり)
をしていたときに体験したいくつかのエピソードの内の一つで、俺達の最初の霊体験の話だ。


【オカルト】全員白っぽい同じ格好のが 数十人いて、一人に合わせて他の人も同じ動きをする。その動きが何とも言えず…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

159: 本当にあった怖い名無し 2006/12/09(土) 16:22:31 ID:lcDc+7110

あの、書き込みとかしたことないのですが、本当に気になる体験をしたので少し。
皆さん『くねくね』っていう怖い話をご存知ですか?この掲示板のログにもありましたからたぶん有名な話なんだと思います。
田んぼにいる、白いもの。それに似たものを見ました。私が小学校一年生の時です。
私は学校から帰ろうと児童玄関から外に出ました。当時私は引っ越したばかりで、徒歩通学に慣れていませんでした。
だからそのときも何人かの同地区の友達と一緒に帰路に着こうとしていました。
そのとき、ほんとになんとなく玄関から見て右手にあるグラウンドのほうを見たんです。
ウチの学校は田舎にあって、土地もそれなりに広いんですがだからでしょうか、グラウンドの隅に土俵があるんです。
相撲なんて誰もしないのですが…とにかく、私はその土俵の隅におかしなものを見つけました。
何か白いものがある。 
最初は土嚢(どのう)かな、と思いました。だけど、よく見ると動いてる。
今度は目を凝らして見てみました。
すると、ありえないものがみえたんです。白いワイシャツ。首がなくて、手もなくて、下半身もない、人間みたいに見えました。
それが腕を上下に振ってるんです。ゆっくり。おーい、って感じで。
で、私は怖いと思うより、あれはおかしい。って思ったんです。だからそのときその場にいた友達5,6人にあれみえる?と聞きました。
見える子と見えない子がいました。
それでやっと怖くなってその日は帰りました。
続きます。


【オカルト】クラスは31人ですが、そのすべてに知らない人で、全部を見たわけじゃないのですが、全員男…それもおっさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

166: 窓1/4     教員 2006/12/09(土) 18:01:55 ID:kOQEESb60

またやって来ました。空気読まずに投下
 
 去年くらいでした。
 放課後と言うにも遅い時間、大体7時ちょっと前。
 会議とかがひと通り終わって、職員室でマターリ。
 もちろんこのまま帰っちゃってもいいんですが、まあテストの採点でもするか、と机見たら赤ペンがない。
 ああ、教室に置いてきたなと。
 教室は以前にも投下したように2階にありますが、節電のためか廊下には非常口のミドリ色しか明かりがないんです。
 でも暗くなってきたとは言え近いし、めんどくせえので、そのまま直行。
 迷うはずもなく自分の担当教室に着いて、電気をパチリ。
 外はだいぶ暗くなってきて、反対に教室は電灯で明るいもんだから、窓ガラスに教室の様子がくっきりと映っています。
 そのときは気付かなかったのですが、机の引き出しを開けて赤ペンを取り出し、閉めて鍵をかける。
 はい終了、と思ったらようやくおかしなことに気が付きました。
 帰りの会をやって、子供たちがいなくなる。
 で、カーテンを閉める。
 電気を消して、ドア閉めて、それからずっと入った人はいないはず。


【恐い話】カラオケボックスにいた男の人、理屈じゃなく『見ちゃいけないものを見た』っていう感じがすごくして…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

122: 本当にあった怖い名無し 2006/12/09(土) 00:02:48 ID:JjrDFjgy0

怖い話とかは好きだけど、霊感なんてまったくない自分が
思わずぞっとした経験。
私が通っていた大学はすごく田舎にあって、遊びに行こうにも
車がなければ、ろくな所がないようなところだった。
友だちはみんな一人暮らしが多く、車を持ってる子なんてごくわずかで
そんな中で唯一歩いていける距離にあった遊び場がカラオケだった。

そこはいわゆる本当の『カラオケボックス』で、
コンテナの使い古しみたいなのがズラッと並んでるようなところ。
お世辞にも清潔とはいいがたいし、田舎だから周りに外灯も少なくて
夜になればかなり暗かったけど、安かったし、当時は歌えれば
それでいいというかんじだったので、さほど気にせず頻繁に歌いに行ってた。

その夜、いっしょに歌いに行ったのは隣の部屋の友だちで、
その子がボックスの入口や窓のあるほうに背を向けて座って
私はその対面の外が見える位置に座ってた。
いつもどおり普通に歌っていたんだけど、途中から雨が降ってきたせいで、
外の天気を気にしたりしてた。
で、友だちが歌っているときだったか、自分の歌の間奏のときだったか、
ふとなにげなく外を見た。
そしたら、ガラスがはめ込んである扉のガラス部分から、
男の人の後ろ半分の姿が見えたんだ。
でもそれは別に体が切れていたとかじゃなくて、
前半分は扉に隠れていただけなんだけど、ただ自分がそれを見た瞬間に、
最初はただ普通に外を通った人かと思ったのに
なんていうか、理屈じゃない感じで
『見ちゃいけないものを見た』っていう感じがすごくして、
すぐに目をそらして、しばらくは外を見ようという気にならなくなった。


【オカルト】大学時代、俺は友人二人を連れて心霊スポット荒らしをしていた。肝試しではなく、飲めや歌えのどんちゃん騒ぎをやっていたのだが…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?152

102: 本当にあった怖い名無し 2006/12/08(金) 16:33:15 ID:7sT5VjxJ0

今から5年程前の大学時代、俺は友人二人を連れて心霊スポット荒らしをしていた。
いわゆる肝試しのようなものではなく、(もちろん普通の肝試しの要素も含んでいるが)
曰くつきの場所に行っては飲めや歌えのどんちゃん騒ぎをやり、
他のグループがいればドライアイスや挽肉などの小道具を使い、
そいつらを脅かして反応を楽しむ、というものだった。(片付けはちゃんとしてたよ)
女もおらず金もなく、あるのは時間と若さだけという俺達にとって、
心霊スポット荒らしは絶好の暇つぶしだった。
しかし、そんなことをしていれば当然いくらか霊体験をする。
今日は数あるエピソードの内の一つを書き込もうと思う。
状況を明確に伝えるために、多少脚色された芝居がかった台詞や説明くさい台詞が出てくるが、
基本的には全て現実に起こったことである。


NEXT≫
最新記事
人気ページ
ブログパーツ
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
検索フォーム
ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

オススメ記事(外部サイト)
スポンサードリンク
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: